原発国民投票とは?/Web署名

署名はこちら→ 全国サイト:署名フォーム

<この国の未来を、私たち自身が決めるために>

日本の原発をどうするか?
いや、
今なお原発の是非を正面から問うことができないこの国をどうしたらいいのだろう。
この国の未来を「誰か」に委ねるのではなく、一人ひとりが引き受けて考え、選ぶこと
──それが“「原発」国民投票”です。

私たちは、「原発」国民投票の実現を目指しています。「原発」という極めて重大な案件は、行政府や立法府が勝手に決めることではなく、主権者である私たち一人ひとりの国民が決定権を握るべきだと考えるからです。

イタリア、スウェーデン、オーストリア、リトアニア。こういった国々では、既に「原発」国民投票が行われています。福島第一原発のメルトダウンが発生したこの日本でこそ、主権者の声で直接、原子力発電所の利用の是非を、決めるべきではないでしょうか?

「原発」国民投票を実現することは決して夢物語ではありません。多数の主権者が望み、求めれば、それが実施されるのは、民主主義国家における当然の道理です。私たちは「原発」国民投票の実現を目的に掲げ、2011年の6月に市民グループ《みんなで決めよう「原発」国民投票》を結成しました。

私たちが制定を目指す「原発」国民投票は、法的拘束力がなく憲法改正が不要な、いわゆる諮問型の国民投票です。私たちは、立法府と行政府に対して「原発」国民投票法の制定を要求しており、国会議員にロビー活動をしています。

同時に、国民の声を形にするために、「原発」国民投票の実施を求める署名を集めています。目標とする署名数は、全国で111万筆です。これは、有権者総数のほぼ1%にあたる数字になります。また、11万人の賛同人を獲得することも目標としています。

大事なことはみんなで決める。そんな日本を創っていくために、一人ひとりの力が必要です。
趣旨に賛同していただける方は、下記のリンクをクリックしてください。

Webフォームから署名していただけます。

署名はこちら→ 全国サイト:署名フォーム

*このグループは、「脱原発」あるいは「原発推進」を呼び掛けるグループではありません。メンバー個々人が「原発」についてどういった考えを持つか、どんな発言をするかは自由ですが、国民投票を求める会として、「脱原発」あるいは「原発推進」を外に向けて呼び掛けることはしません。

*このグループでは、国民投票の署名集めと同時に、自治体単位での原発稼働、廃止を選択する「住民投票」実施を求める活動を進めています。大阪市における「原発」市民投票、東京都における「原発」都民投票、これから始まる静岡県における「原発」県民投票の運動は、当グループが母体となって推進しています。

Share on Facebook



Twitter
jordans for sale,cheap jordans shoes