6月7日必着で国民投票の署名を一筆でも多く集めてください!

●みんなで決めよう「原発」国民投票では、
6月13日に内閣、衆参両議院議長、各政党のトップに対して、
集めた署名を添えて、国民投票実施の要望書を提出します。

●大飯原発の再稼動が、まもなく野田内閣によって決定されようとしています。
私たちは、いつ変わるかもしれず、一時的に任を得ているに過ぎない総理大臣や政治家が、
この国の根幹に関わる大事なことである原発の是非を決めるべきではないと考えています。

●311は私たちに何を突きつけたのでしょうか?

原発について無関心だった私たちの多くは、結果的に原子力ムラや経済界、
官僚、政治家たちに白紙委任を与えてきました。
福島第一原発のメルトダウンを経験した私たちが、
いままた同じことを繰り返していて本当にいいのでしょうか?

国民一人ひとりが、一票という重みを手にして原発について真剣に考えるためにも、
「原発」国民投票を実施すべきです。

●ただ、現在は実施するための法律がありません。
「原発」国民投票法を成立させて国民投票を実施するためには、
1人でも多くの声を署名という形で表し、
国会議員の過半数に賛成してもらう必要があります。

みなさん、ぜひ、署名用紙をダウンロードして、お近くの方から署名を集めてください。
署名用紙PDFダウンロード

署名を集めたら、署名用紙左下の欄に(神奈川の方なら)「神奈川」と記入の上、
以下の住所まで送付をお願いします。

13日に提出する第1次集約分は、7日必着でお願い致します。

★送付先 〒107-0052
東京都港区赤坂7-2-6
赤坂ナショナルコート507
みんなで決めよう『原発』国民投票 赤坂事務所
電話/FAX 03-6434-0579
e-mail :tokyotomin.vote@gmail.com

●民主党の前原政調会長は、「もし国民の圧倒的多数が自分たちの意思を
国民投票で示したいと言うのなら、否定はしません。でも、いまの日本で
原発の是非について国民投票をしろという議論が高まっているという認識は、
私は持っていません」と原発国民投票を否定しています。
⇒ http://kokumintohyo.com/wp-content/uploads/20110706asahi.pdf

国民の多くが原発国民投票を望んでいることを、示そうじゃありませんか!

みなさん、どうぞよろしくお願い致します。

神奈川県調整委員・鹿野隆行、宮本珠江

Share on Facebook



Twitter
jordans for sale,cheap jordans shoes