12月, 2012

2012年会計報告

みんなで決めよう「原発」国民投票 神奈川賛同人会
2012年1~12月 会計報告

【収入の部】
寄付 420,536
賛同人より借入 50,000
会議費(会議・イベント・交流会参加費) 127,920
売上(書籍・缶バッジ) 33,753
利子 12
計 632,221

【支出の部】
会議費(会場費・交流会費・出展料) 110,474
印刷費 54,418
通信費 65,010
仕入れ(書籍・缶バッジ) 42,488
講師謝礼 10,000
備品・消耗品 14,510
資料 880
借入返済 20,000
計 317,780

【収支残高】※12/28現在 \314,441

“残高¥314,441(うち貸付返済予定¥30,000)は次年度へ繰り越しといたします。
以上、ご報告申し上げます。
みんなで決めよう「原発」国民投票神奈川賛同人会
会計係 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Share on Facebook

「原発国民投票カフェ@かまくら」 ・・・原発国民投票説明会を鎌倉で行います

原発国民投票説明会の告知です。

「原発国民投票カフェ@かまくら」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

総選挙の結果をうけて、
いま原発国民投票が改めて注目されています

「原発国民投票ってなに?」
「国民投票って日本で実現可能なの?」
「憲法は守られる?」
「住民投票との違いは?」
「諮問型って?やる意味あるの?」
「民意を反映させるのって選挙なんじゃないの?」
イタリアやリトアニア海外での実例
国内の巻町等の住民投票の実例

この際 詳しい人に質問ぶつけてみませんか~?
これからのこと、夏の参議院選挙にむけて、
主権者として原発問題にどう対峙するか・・・
いろいろみんなで気軽に話してみませんか~?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日時:2013年1月17日(木)
   19:00~21:00予定
場所:ソンベカフェ(鎌倉駅徒歩3分)
    神奈川県 鎌倉市御成町
    0467-61-2055
   http://song-be-cafe.com/
参加:無料です 
   ただしソンベカフェに1オーダー以上
   ご注文してくださいね。
   ※任意ですが当会にカンパも頂けたりすると
     ありがたいです

定員:だいたい25名

【原則要予約】
お申し込み:
メールの件名に「1/17かまくらカフェ参加希望」と書いて、
1.参加者氏名(参加者複数の場合は全員の氏名をお願いします)
2.参加人数
を記載し、下記のメールアドレスに送信してください。
kokumintohyoevent@gmail.com

お申し込みは前日まで、もしくは定員になりましたら締め切らせていただきます。
ご了承くださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
講師:今井一氏
ジャーナリスト:
市民グループ[みんなで決めよう「原発」国民投票]事務局長、
[国民投票/住民投票]情報室 事務局長:
主な著書に『「原発」国民投票』(集英社)『「憲法九条」国民投票』(集英社)『住民投票──観客民主主義を超えて』(岩波書店)『市民が広げる議会公開』(現代人文社)「原発、いのち、日本人」(集英社/編著 1月刊行)など

主催:みんなで決めよう「原発」国民投票

公式サイト:http://kokumintohyo.com/

##########################################################
「原発」国民投票 神奈川チームの活動等の情報は・・
神奈川Twitter  @kokuminkanagawa
神奈川facebook https://www.facebook.com/kokuminkanagawa
神奈川HP     http://kanagawa.kokumintohyo.com/
応援ショップブログ http://kokumintohyo.blog.fc2.com/
##########################################################

Share on Facebook

ふじさわ環境フェア2012にてブース出店させていただきました

12月15日(土)“ふじさわ環境フェア2012”にブース出店させていただき
当会をアピールさせていただきました。

シール投票や署名活動などいたしました。

シール投票では
「原発の是非を決めるのは、誰が良いですか?」といういつもの質問。

答えは3択で「政治家」「専門家」「国民」です。
圧倒的に「国民」に1票入れる人が多く、とくに女性は迷いがありません。
「政治家」「専門家」に入れるのは、男性の一部、と、
今回のシール投票では、はっきり性別の差が表れました。

お隣のブースの、ソーラークッカーさんも、
子供達に大人気でした。
太陽でお料理できるソーラークッカー、面白そうです。

ご協力いただきましたみなさま、ありがとうございました♪

Share on Facebook

賛同人からのメッセージ集(12月分)

賛同人からのメッセージ集(12月分)

(会としては 原発「反対」または「賛成」を打ち出してはいません。
賛同人個々人が、それぞれの思いを抱いて運動に参加しています)

新しく賛同人登録された方々から
メッセージをいただいています。一部ご紹介させていただきます。

ひとつひとつ、すべてが個人の方々のご意見です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原発(国)に振り回されているのがやっと解ってきた。
テレビや新聞の情報を鵜呑みにして騙されていたことも解ってきた。
私は住宅業界ですが、国がオール電化住宅を勧めてきたのが原発の余剰電力を使うことだったのも解ってきた。嫌な世の中です。
子供たちが信用できる国になってほしい。
生まれてきて良かったと思える国にしてほしい。
(徳島県・Y様)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原発の有無はやっぱり国民みんなで考えて、決めないと。
もう事故が起きてからじゃ遅い…。
(神奈川県・J様)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原発いりません。
今日の選挙で自民党が第一党になったことがとてもショックです。
日本はどうなるのでしょう。
私が生まれ住む広島は原爆が落ちた街です。
原発推進の人は平和公園にきて見たらいい。
足元に埋まる人たちの想いを感じてほしい。
原発いりません。
(広島県・I様)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これだけは実現したいです。
(神奈川県・K様)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原発事故を起こした日本が脱原発を選ばなくてはならない。
そこからしか日本は再生しない。
(東京都・K様)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

史上最悪の原発事故は私の故郷福島で起きました。
親が残してくれた安心して帰れる家は放射能で汚されたことで失ったも同然です。
事故が起こるまでは日本のすべての原発が安全であると思い込んできた一人です。
しかし、安全管理がずさんなのは福島だけではないこと。
核のごみの最終処分場がないこと。
地震の活動期に入った現在も再稼動をさせたいがために事故を過小評価し
過去の原発事故の健康被害も隠されてきたこと、その勢力が福島に、日本という国のあり方にまで影響を与えていることをこの1年9ヶ月の間に学びました。
日本に生き、ましてや福島に実家があるものとして原発国民投票に賛同します。
日本のすべての人が真剣に考え答えを出すべきです。
(東京都・Y様)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

経済効果と就職の為に、協力したい。
もちろん、人の命は大切
(福岡県・N様)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

みんなで議論を重ねて民度をあげ、政治の主体にならないと日本は沈没しますね。
(欧州・U様)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リトアニアの国民投票を見習おう!
(神奈川県・S様)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原発の継続か廃止かは、国民投票すべき内容だと思います。
(神奈川県・U様)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

未来の子供達の為に、原発はゼロに、自然エネルギーにシフトしていかなければならないとおもいます。選挙の結果を得て、なおのこと
市民の力で、世の中を変えていく事の必要を感じます。
(東京都・S様)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

衆議院総選挙を控えてのマスコミ各社世論調査の政党支持率では、トップの自民党でも20%台、民主党が10%台、その他の政党はひとけた台で、無党派・わからないが50%近くあります。
それでも選挙の第一党が政権政党になり、党首は総理になります。
このことは、原発問題をはじめ多くの重要課題を抱えてますます複雑化する日本社会では、間接民主主義政治が限界に達し始めていることを示しています。
現憲法では憲法改正は国民投票が決められていますが、原発問題も国民投票とし投票結果をもって最終結論とするよう憲法に明記することで、露呈し始めた間接民主主義政治の限界を直接民主主義制度で補う工夫が必要だと思います。
東京、大阪、静岡各地の原発住民投票条例案は、賛同署名数が規定数を大きく上回ったにもかかわらず、間接代議制の議会で否決されました。
同じく賛同署名が規定数を大幅に上回った新潟県では近日中に議会に諮られますが、代議制民主主義の議決と直接投票結果の民意とは大きく乖離しています。これでは民意を反映した民主主義政治とはいえません。
真の民主主義政治を目指して民意を結集して立ち上がりましょう。
このことを私は11月17日付朝日新聞朝刊の声欄に投稿しましたが、お付き合いのある多くの方々から賛同のメール、手紙をいただいています。
(東京都・O様)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今度、衆院選がありますがどの党も原発を即止めるという公約は今のところ見当たりません。
これは国の方向を変えるのは時間がかかるということを表していると思います。
また、原発を止めるには官僚と財界の力を抑える制度、官僚が私利に走らないようにする制度が必要だと思います。
そのため、原発を止めると、今、言うよりも変えられないその制度を変えたいと思っている政治家を総理に据えるために自分の票を使いたいと思います。
石原爺さんかなー。
(神奈川県・K様)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

反原発主義ですが、まずは早急に原発の方針(廃炉にするにしても莫大な時間が必要)を決めなければなりません。
人類の生命存続に関わる最重要問題を主権者自ら決定せずして、誰に委ねるのでしょうか。
あるいは特定の個人あるいは団体に委ねてはならない問題です。
わたしたちは直接民主主義的国民投票とういう素朴で原理的な政治判断の方法の実験を勇気を持って行うべきであり、
情報ネットワークが可能な今、この歴史的チャンスを逃してはなりません。
(神奈川県・I様)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

医師として福島原発訴訟に参加しました。
核分裂や核融合といった事象は我々ほ乳類がこの惑星上で行うべき事ではなく、本来、太陽など恒星に所属する事柄である。
我々が生活するこの惑星には既に余あるエネルギー(火山活動などの地熱など)が使われないまま眠っている。
人類が農耕を初めて1万2千年と言われる、これはプルトニウム239の半減期のちょうど半分である。
この様な物質を大量に生み出す核反応を続行する権利も必要性も我々にはない。
我々の子孫がこの寛大な環境の中で遊び回る姿を見たいなら今すぐに福島で実際に発生した断末魔の惨劇を惹起する可能性を十分に内包した原子力発電の如き愚行を直ちに辞めるべきである。
(神奈川県・T様)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原子力は今まで文明を牽引して来たシンボルでした。
しかし、世界中で起こる原発事故。我が国においても、3・11以降に露呈した脆弱な安全対策、そうして利権にまみれた原子力推進の社会構造。
そして、人が安全安心して使う事の出来る利器への転換を阻害する今の社会構造。
一日でも早く、全人類が安全安心を享受し、潤沢なエネルギー源を得る為には原子力政策を捨て、新たなエネルギー源への転換が必要と考えます。
(神奈川県・S様)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前回、大阪市民投票は残念な結果になりましたけれど、大切な問題なのであきらめず、国民投票実施に向けて協力していきたいと思っています。
(大阪府・T様)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下に投票。
稼働を認めない→D段階的に廃止していき、5年以内にすべての原子力発電所を廃止する。
(兵庫県・K様)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原発は、地震国である日本には、あってはならないものだと思います。しかし、原発関連で生活が成り立っている人もいます。国民投票で、私が希望している脱原発が実現するか不安もありますが、国民投票の前に十分議論することを前提に国民投票をしてほしいと思います。
(東京都・S様)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

選挙の結果を見ると、希望なき明日が始まるのかという気分になりますが、あきらめず、投げ出さず、前へ進みたいと思います。
(神奈川県・T様)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原発は始めから反対でした。人間が制御できない科学です。発電は安くても、最終的には莫大な費用が掛かることは始めからわかっていることです。
(埼玉県・K様)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

選挙結果、どうなることやらです!!
(神奈川県・K様)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もともと原子力・原発関係の映画を作っていましたが、その業界への不信感から1990年より反原発を宣言しています。ロサンゼルスで90年代より日本の原発の事故を予言していましたが、まさか当たるとは...今はホットスポットに新築の家も入ってしまいました。
(千葉県・K様)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大切な地球、大切な日本の大地
人まかせにせず、自分で考えて守っていきたいです
(大阪府・S様)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自民党が原発推進を再開しようとしていて心配です。
原発国民投票をぜひ実現しなければ。
(東京都・T様)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原発に未来への希望は感じません。省エネルギーと自然エネルギーで出来ることを考えています。
(福井県・M様)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原発は始めから反対でした。人間が制御できない科学です。発電は安くても、最終的には莫大な費用が掛かることは始めからわかっていることです。
(埼玉県・K様)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原発は悪の塊です。即刻廃炉に!
(長崎県・W様)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原発を廃棄すべし、の意思を明らかにするため、賛同人に署名します。
(愛知県・W様)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

福島原発事故による放射能汚染のため
栃木県那須町から中国地方、松江市へ緊急避難移住しました。
因みに那須町では直線距離で80kmですが5.7m/syv,除染対象地域指定地です。

群馬県、榛名湖のワカサギですらセシウム汚染で禁漁です。150km以上、離れていても駄目です。風の通り道でした。

5年後あたりからの子供達の甲状腺癌
罹患が心配です。
人間はそれ程優秀ではありませんし、
全知全能ではありません。
もう40年近く、「反原発」で生きています。
(島根県・T様)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原発再稼働・新増設「突破内閣」に対抗するためのもっとも有力な対抗手段が、原発国民投票だ。
(宮城県・H様)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ひとつひとつ、すべてが個人の方々のご意見です。

賛同人のみなさま、メッセージをありがとうございます!

■賛同人申し込みフォームはこちらです

申し込みフォーム

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Share on Facebook

Twitter
jordans for sale,cheap jordans shoes