7月, 2012

「地球村」の高木善之さん講演会で署名活動させていただきました

7月29日午前中に
海老名市文化会館で、NPO「地球村」の高木善之さんの
講演会が行われ、
ロビーにて、署名活動のブースを出させていただきました。

高木さん講演会

NPO「地球村」では、以前からHPでも
「あなたにできること 実現させよう!「原発」国民投票」として、
当会の活動を、高く評価していただいています。

http://www.chikyumura.org/earthquake/2011/post-76.html

今回の講演は、福島の原発事故のこと、
電気は原発なしでも足りているということ、
電気自動車はエコではない、ということ、
太陽光発電は、コストが高いから小水力などのほうが良いこと、
ほかにも、フェアトレードの話、子供の人権の話、子育ての話など
内容の濃く深い話が満載でした。

その中でも、とりわけ、原発国民投票の運動を
はっきり応援してくださっていたことに、感激でした。

高木さんからの応援をいただき、
本当に多くの方々から署名をいただきまして
賛同人3名参加、142筆の署名、3名新しく賛同人にお申込みいただきました。

スタッフの方々も、みなさん、本当にアットホームで
やさしい方ばかりでした。
茨木や埼玉や千葉の賛同人の方も、駆けつけてお手伝いをされていました

9月1日にも、また神奈川県磯子区で講演会があるので
お近くの方は、ぜひ一度、参加されてみてくださいませ。

http://www.chikyumura.org/lecture/schedule/

きっと、多くの方に、新しい気付きのある講演会だと思います。

講演会に参加できてよかったです。

みなさま、ありがとうございました。

Share on Facebook

国会大包囲に行ってきました


7月29日国会大包囲に行ってきました。
埼玉3名、栃木1名、神奈川1名で2時~参加。
集会前に署名268筆、チラシ1500枚配布しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
参加した賛同人Yさんからコメントです

「色んな方とお話できました。
「原発」国民投票Tシャツを着て署名活動していたので、
そのTシャツを見て、「署名させてください」と来た20代の青年。
「今日、デモ初参加なんです。ジッとしていられなくて」と。

50代位の女性「パックインジャーナル(4月からパックインニュース)でやってたわよね!署名したかったのよ」と喜んで署名して下さいました。

60代位の男性「若い人がやってくれるのは嬉しいよ。あんたらのやっている事は正しいよ。頑張ってね」と固い握手。

オシャレな格好の20代の女性「親戚に東電の関係者が2人もいるんです。“脱原発のデモには行くな”と言われてるんですけど、そんな訳にはいかない」と、署名だけでなく、賛同人にもなってくださいました!」


ご協力いただきましたみなさま、ありがとうございます

Share on Facebook

毎日新聞に「原発」国民投票の賛同人・衣山弘人さんが取材掲載されました

毎日新聞の全国版のコラム「ひと」に

みんなで決めよう「原発」国民投票の賛同人の

衣山さんが取材・掲載されました。2012年07月27日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ひと:衣山弘人さん 原発国民投票求め広島で活動の避難者
毎日新聞 2012年07月27日 

 「福島県南相馬市 衣山弘人」と書いた名札を首にかけ、広島市の原爆ドーム前に立つ。昨年9月からの日課だ。原発の是非を問う国民投票実施のため、署名を求める。

 昨年3月11日、漠然と抱いていた原発への不安が現実となった。自宅は東京電力福島第1原発から約18キロ。事故翌日、小学生の子供2人と妻、母を連れて南相馬を離れ、2週間後、縁のない広島に着いた。「被爆地なら、放射線に理解があるはずだ。子供たちも偏見から守れる」。放射線についての学者の講演も多く、「核を使う原爆と原発は同じ」と知った。

 昨年8月6日、広島原爆の日の平和記念式典に参列した。心身の傷に今も苦しみ、核兵器のない世界を求める人たちに触れた。自分の境遇と重ね、じっとしていられなくなり、1人で行動を始めた。「胎内被爆」と明かして原爆爆心地をボランティアでガイドする三登浩成さん(66)が、不慣れな署名活動を見かねて「自分をさらけ出さなくては振り向いてくれない」と助言してくれた。それが名札のきっかけだ。

 集めた署名は約1万5000筆。目標数はない。原発の恐ろしさを多くの人に知ってほしいと願っている。大阪市と東京都では原発住民投票条例案が否決されたが、各地で議論が生まれることで、原発の危険性をみんなが分かってくれると信じている。「核による避難者は私たちで終わりにしなくては」

 爆心地のガイド役も目指している。【中里顕】

【略歴】きぬやま・ひろと。福島県浪江町の親戚6人が津波で行方不明になった。現在、広島市南区の市営住宅で家族と暮らす。54歳。

http://mainichi.jp/opinion/news/20120727k0000m070095000c.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Share on Facebook

海老名駅で署名活動をしました

海老名
海老名市文化会館での、
地球村代表「高木善之氏講演会」での
署名活動のあと、
賛同人1名、海老名駅周辺で、チラシ配布と署名活動をしました。

小田急の駅とビナウォークに続くデッキでは、
市の職員の方にご遠慮くださいとのことでしたので、
指定された1階の信号前の場所に移動しました。

ほどよく、日陰もあり、暑い日には丁度よかったです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

チラシは200部ほど配布し、5筆の署名をいただきました。

一度、通り過ぎてから、引き返して来てくださったご夫婦が
「この署名、東京に行かないとできないのかと思っていたわ。」
「海老名で署名活動するの、初めてなんです」
「そうでしょ~。見ないもの」

ということで、運命の出会いでした。(ちょっと大げさ?)

旦那様が「がんばってね」とお声かけいただきました。
感謝申し上げます。^^

・・・・・・・・・・・・・・・・・

Share on Facebook

Twitter
jordans for sale,cheap jordans shoes
 www.rushessay.com